自律神経失調症の改善には漢方が効きます~バシバシ健康改善~

薬膳

疾患予防を考えます

サプリ

疾患次第の指標があります

身体構造上、人体は常に健康を維持するように機能しています。しかし、様々な要因で病気の罹患から避けることは、非常に困難です。病気は初期症状では完治率が高いことが多いため、予防的処置が重視されています。健康診断は多彩な医学的指標を利用することで、病気の発生を早期に判断して迅速に対処するために有効です。ヘモグロビンa1cは、赤血球中のヘモグロビンとブドウ糖が結合した物質です。そのため、血液中の血糖量を知るための医学的指標として活用することができるので、糖尿病の罹患と症状の進行水準を知るための手掛かりとしてヘモグロビンa1cは役立ちます。ヘモグロビンの寿命は4ヵ月程度なので、生存期間中の長期的な血糖の推移を知るために有効です。

指標次第で判明しません

糖尿病を診断するための医学的指標として血糖値や尿酸値の測定が広く普及して行われていますが、これらの検査結果は事前の食事内容等の栄養摂取次第で大幅に変化することが知られています。そのため、指標が改善していることで症状が回復に向かっていると判断できても、一時的な変化である可能性を捨てることができないのです。しかし、ヘモグロビンa1cはヘモグロビン生存期間中の長期的な推移を知ることができるので、糖尿病の症状変化を過去の変化と共に判断することが可能になります。当然、短期間の変化を知りたい際にはヘモグロビンa1cだけでは困難なので、血糖値等の他の指標と組み合わせることで総合的な病状変化を知ることが大切になります。